冬休みの様子(クリスマス)

2023年!新しい年が明けました。

今年も子ども達が、安全に楽しくアフタースクールで過ごしていける様に、また保護者の皆様が安心してお子様を預けられる場となりますよう、職員一同努めて参ります。どうぞよろしくお願いいたします。

 

一年の中で一番短い3学期が始まりました。

冬休みは2週間という短い期間でしたが、クリスマスから始まり年末やお正月イベントの多い期間でしたね。

遅ればせながら、今回はクリスマスの様子をお知らせします。

 

『クリスマスの飾り付け』

アフタースクールのクリスマスツリーは、子供たちの手作りです!クリスマスまでの間に、放課後アフタースクールに登所してから作成しました。

作り方は

①窓ガラスに、もみの木の形にマスキングテープを貼る。

②テープの上から緑色のペンでツリーの形を描く。

③折り紙や色画用紙、きれいな包装紙などを使って、サンタやトナカイ、プレゼントなどを作り飾り付け。

毎日飾りが増えて賑やかなツリーが出来上がりました♪

リースはK先生の手作り。ハーブでリースの形を作ります。厚紙で作った箱型を綺麗な折り紙や包装紙でラッピング。毛糸やリボンで飾り付けるとこちらも出来上り~。

子ども達はもちろん、大人も見ているだけでワクワクするのがクリスマスですよね✨

 

 

『クリスマス会』

12月23日、終業式の日にクリスマスパーティーを行いました。

今年は「市販のスポンジケーキを自分達でデコレーションして食べる!」というパーティーです。

グループごとに座り、ひとグループにスポンジケーキをワンホール、ホイップクリームを1袋、トッピングのチョコやクッキー、みかんの缶詰とさくらんぼも用意して。

さぁ!デコレーションスタートです!

スポンジもクリームも、トッピングも全て自分だけのものではありません。グループで話し合いながら作っていかなくてはならないのです。そこが私達大人のねらいです(^^)

 

グループで話し合いながらクリームの塗り方や量を考え、トッピングする場所や置き方などそれぞれが意見を出し合い、友達の意見を受け入れながら、みんなが納得のいくケーキをデコレーションしていきました。

 

 

さすが、小学生です!話し合い活動も慣れています。「クリームもっとこっちこっち!」、「もう少しチョコのせようか?」、「みかんはどこに置きたい?」など友達の気持ちを聞きいて折り合いをつけつつ、何より楽しそうにウキウキしながら、出来上がりを楽しみにしている様子がうかがえました。話し声も弾みます

出来上がったケーキをカットするのも子ども達。慣れないケーキカットにヒヤヒヤドキドキしながらも、みんな上手に切ることが出来ました。

クリスマス仕様のかわいい紙皿やペーパーナプキン、コップを選び、この日だけは特別にジュースで乾杯しました♪

 

 

子ども達がデコレーションしたケーキの出来栄えはいかがですか?

とてもステキなクリスマスケーキが出来上がりましたよ!美味しかった〜!楽しかった〜!のオンパレードで、楽しいステキな時間と活動になりました。

(文責:白井、上之園)

庭の冬支度

夏が過ぎ、秋も終わりに近づき、アフタースクールの庭のプランターも冬の野菜や花々へと冬支度を始めました。

夏はたくさんのにがうりやピーマン、トマトが実り、子ども達と共に夏野菜を堪能しました。大人と一緒に簡単な調理をして、特に塩昆布で和えたピーマンは大好評でした。包丁使いも手馴れたもので、積極的に声をかけてくれて調理に参加しました。また、苦手なにがうりを食べてみることに挑戦した子もいました!

 

 

「植え付け」

家庭菜園が得意な職員を中心に、土作りをして肥料を混ぜ、冬野菜に植え替える準備に取り掛かりました。

 

子ども達は、春に夏野菜や花を植えたときの経験から「指で苗を挟んで、こうやって・・・」と、ポットの後ろにある穴を上手に押して苗を取り出していました!一人がやってみせると、「そうだった!そうだった!」と思い出し「僕もやる!」、「次は私も!」と交代で植えていきました。

 

プランターの植える場所を決めてスコップで穴を開け、取り出した苗を置いて優しく土をかぶせていきます。

水をかけた後は寒さ対策のために、稲藁を土にかぶせました。「お布団みたいだね~」と言いながら丁寧に土の上に敷いていく子ども達。野菜つくりを通して、経験が生かされ、「できた!」という成功体験にもつながっているようです。

 

 

「脱穀!?」

なんと!植え付けのあとは稲藁に残っていた稲を集めて「脱穀がしたい!」となり数名で脱穀作業が始まりました。(^^);昨年やこれまでの保育園、こども園での経験から上手に脱穀をしていく子ども達。

取れたお米はほんの少しでしたが、子ども達の興味や、やってみたい!やってみよう!という気持ちはいろいろなところに潜んでいるのだな・・と感じることでした。

 

 

 

今回はブロッコリー、イタリアンパセリ、パンジー、ペチュニアなどを植え、アフタースクールの庭も一段と華やかな冬の装いとなりました。

新たな花々や野菜の成長、収穫を楽しみに季節の移り変わりも子ども達と共感していけたらと思っています。(文責:白井)

遊びの様子

学年はもちろん、男女関係なく混ざり合って遊んでいるアフタースクールの子ども達。

最近夏休みから引き続き人気なのが『レゴブロック』と『シルバニアファミリー』ですが、それに加えて大きめのブロックでも作品を作って遊んでいます。

最近人気なのがテレビゲームの見立て遊び。男の子達はブロックを使って銃や弓矢を作り、ブームになっているアクションシューティングゲームの世界に入り込み、まるでゲームをしているかのように楽しんでいます。

アフタースクールではテレビゲームはできませんが、子ども達は想像を膨らませ、オリジナルの作品を作って友達との関わりを広げています。

ついつい盛り上がってしまい、まだ宿題をしている子ども達に「そこはうるさいよ!」と注意されることもありますが「宿題をしている人のことも考えながら遊べるといいね」と声をかけつつ、成りきって遊んでいる姿を微笑ましく見守っています。

 

⇩銃や弓矢でなりきりポーズ!

 

 

『シルバニアファミリー』

いろいろなシチュエーションの模倣遊びが盛んです。子ども達の会話を聞いていると、お父さんが出張していなかったり、遊びの途中で習い事に出かけたりと様々な設定を考えながら役になりきって、声色を変えながら世界観に入り込んで遊んでいます。

時には、使いたい人形や小物が重なってしまい、トラブルになることもあります。そういう時は、どうしたらいいか、どうしたいのかを使いたい人同士で話し合います。大人はこっそり見守りながら行方を聞いています。

 

 

『レゴブロック』

毎回大人では想像もしないような素晴らしい作品ばかりが出来上がります。どのようにしたらそう組みあがったのだろう!と本当に感心します。

遊ぶ時のルールも子ども達で話し合い、ルールを書き出し壁に貼ってあります。

力作、大作が出来上がるので片付けにも時間がかかるのです。そこで、「何時まで、何分まで遊ぶか?」ということを自分達で話し合い、時には多数決を取りながら決めていきます。子ども達は「意見を出す」→「自分たちで考え、決めていく」ということを、遊びを通して自然と学んでいます。

 

 

⇩自分たちで考えたレゴのルール

 

 

 

 

アフタースクール錦が丘はただこども達が楽しく過ごす場所に限りません。

うまくいかないことは自分たちで話し合い解決の糸口を自分達で見つけていきます。

大人に「これはしないでね!」と言われるよりも「自分もみんなも楽しく遊べる方法はないかな?」と自主的に考え行動することは自分の意見を発信し、相手を知ることの第1歩になることでしょう。

今年も早いものであと2か月!こども達と怪我無く過ごしていきたいですね。(文責:白井)

 

 

 

 

 

 

楽しかった夏休み

長かった夏休みも終わり、2学期が始まりました。少し遅くなりましたがアフタースクールでの夏休みの様子をいっきにお知らせします。

《楽しかったイベント♪》

☆プラ板作り

☆室内運動会

☆ヨーヨー釣り

☆映画館ごっこ(ポップコーンを食べたこと)

☆スイカ割り

☆最後の日のケーキ

1日を過ごす時間も長くなるので、いろいろと企画をした夏休みでしたがそれぞれ楽しく過ごすことができたようです。

 

☆プラ板作り・・個性豊かに、一人一人が集中して制作に取り組みました。

 

 

☆ヨーヨー釣り・・今回は子供達も一緒にヨーヨーを膨らませるところから頑張りました。気に入ったヨーヨーが釣れたかな?

 

☆映画館ごっこ‥ポップコーンとジュースを準備し、部屋を暗くして映画館の雰囲気を楽しみながら鑑賞しました♪この日は「映画 えんとつ町のプペル」でした。

 

☆スイカ割り‥外は猛暑!と言うことで室内にブルーシートを敷いてスイカ割りにチャレンジしました。大きなすいかでしたが何回もおかわりをしてあっという間に完食!甘くておいしかったね。

 

 

☆室内運動会・・吉野小学校で行われた、県の青少年研修センターの方による出前講座「室内運動会」。久しぶりに体を動かし、汗もいっぱいかきましたが笑顔いっぱい楽しみました!

①2人組を作り、負けた人が勝った人の周りを片足ケンケンや後ろ歩きなどをして回り、先に4回勝った人が勝ちというジャンケンゲーム。

②フラフープの中にボールをたくさん入れたチームが勝ちというゲーム。

 

③半円筒のスロープをつなげて行き、ピンポン玉をゴールの紙コップに早く入れたチームが勝ちというゲーム。筒の長さが違うので、低学年は長いものを上学年が短いものを使い、転がすスピードを調整しながらチーム内で工夫しながら競い合いました。

  

 

チーム対抗が多かった今回の運動会。上の学年が低学年を引っ張り、みんなで知恵を出し合いながら勝利を目指して頑張りました。

 

☆夏休み最後の日のケーキ

8月末までで退所する6年生や退職するFさんに「お疲れ様ありがとう」、子どもも大人も「みんな夏休み頑張った、また2学期も頑張ろう!」と意味を込めてケーキとジュースで『パーティー』をしました♪

みんなF先生のことが大好きだったので寂しくなります。退職するF先生より「保護者の皆様にもよろしくお伝えください」とのことでした。

 

今回はダイジェスト版でお伝えしました。40日以上あった夏休みは暑い日が続き外で遊ぶ事ができませんでした。それでも、みんなで知恵を出し合いながらアフタースクールでしか味わえない「夏」を満喫し、元気な子供達の笑い声で終えることができたように思います。

 

台風も過ぎ去り季節は夏から秋へ!朝晩もだいぶ涼しくなってきました。

今後もアフタースクールでの体験が、思い出の1ページになってくれると嬉しいです。

(文責:白井)

 

 

 

 

 

お手伝い隊発足

子ども達が楽しみにしていた夏休みが始まりました。今年の夏は例年以上に暑く、熱中症警戒アラートが連日発令されていますね。なかなか外遊びにいけない子ども達ですが、工夫しながら過ごしています。今回は『お手伝い隊』についてお知らせします。

 

初の試みで、保育園や認定こども園へ「お手伝い隊」として活動しています。どんなことをするのかな、と興味深々で多くの子ども達が積極的に参加しています。

「今日お手伝いに行ってもよいですか?」と、それぞれの園に自分たちで電話をかけることから始めます。電話をかける経験の少ない子ども達は「何て言ったらいいの?」、「わからないよー!」と困った様子。するとkちゃんが、「みんなが電話で話しをしやすいように、マニュアルを作るのはどうか」と提案してくれました。早速話す内容を書き出し、マニュアルを作成してくれました。

 

↓こちらが出来上がったマニュアルです。ここまで考えてくれると、電話をかける人も安心してかけることができますね。さすがです!

 

「あぁー!ドキドキするー!」と言いながら恥ずかしそうにかける子、恐る恐るかける子など様々ですが、“経験“が“自信“に変わる瞬間です。少しだけ大人の力を借りることもありますが、マニュアルがあるおかげでみんなスムーズに園に電話をかけることが出来ています。行くメンバーが決まると、自分たちでリーダーを決めてみんなをまとめる役目も決めてから出発します。

 

 

各園では、園児の着替えの手伝いや布団たたみ、シャワーを浴びた後のふき上げ、絵本の読み聞かせ、給食の準備、寝かしつけや窓拭き、部屋のお掃除をしたりと活躍しているようです。時には一緒にドッチボールをしたりかき氷や漬物を食べたり、ご褒美にみかんをもらったり。

 

  

お手伝いを終えてアフタースクールに帰ってきた時の子ども達は、達成感や自信に満ち溢れたそれはそれはとっても輝いた素敵な顔をしていますよ。

保育園やこども園の職員の皆さんにも力を貸していただきながら、たくさんの経験をしている子ども達。行ってみたい、やってみたいという気持ちを大事に、自分たちができるお手伝いを楽しみながら、残りの夏休みも成長していくお手伝い隊に期待です。

(文責:白井)

夏休みの計画を立てよう!

子ども達が楽しみにしている夏休みまでと10日余りとなりました。何をして過ごそうかなと、子ども達と夏休みについての計画を立てようと話し合いをしました。

アフタースクールでの夏休みを初めて過ごす1年生のために、昨年行った出前授業で室内運動会をしたこと、プラ板やくるみボタン、スライム作りなどをしたことを話をし、それを踏まえて今年は何をしようかな?と聞いてみました。

まず、決定している活動として、鹿児島市の安心安全課の方々による「交通安全教室」、県の青少年研修センターの方による「出前講座(室内運動会)」をお知らせしました。

今年は保育園のリズム室が使えない為、初めての試みで吉野小学校の体育館を借りることにしました。それを伝えると、自分たちが通っている学校で活動するということもあってか、「やったー!楽しみ!」「去年も楽しかったよね!」と教えてくれました。

 

その後、たくさんの子どもたちが「スイカ割り」「折り紙大会」「つな引き」「お化け屋敷ごっこ」「水鉄砲」などなどいろいろなアイデアを発表してくれました。

↓アイデア満載です!

40日ほど続く長い休み。アフタースクールで過ごす時間も長くなるので、このアイデアをもとにいつもは出来ない活動を取り入れながら、楽しく有意義に過ごしていければと考えています。さて、この中から何ができるか、どの様に活動していこうか・・・。夏休みをお楽しみに♪

(文責:白井)

 

ルールや約束事も自分たちで

アフタースクールには、いろいろなルールや約束事があります。室内遊びのルールもその一つです。ある日のこと、けん玉の片付け方が悪くて、ヒモが絡まりほどくことに苦労したことがありました。その後いつの間にか、使った後の約束事を書いた貼り紙がしてありました。

遊んだ後の箱の中はこんな感じでした。↓

 

注意喚起の貼り紙↓

 

 

 

最近は、気づいたことを進んで声をかけたり、一緒に遊んでいる友達同士で話し合いをしたりして解決する姿を見かけるようになりました。ルールから逸脱した遊び方や使い方をしているときは、貼ってあるルールや約束事を読み直して確認したりもしています。

↑キレイに片付いたけん玉

 

 

コマのルールも子ども達で決めました。↓

 

 

 

このようにして、より安全にみんなが楽しく過ごせるようにと、自分たちでも考えながら過ごしている子ども達。私たち大人は時々サポートをしながら、自主性の育ちも大事に成長を微笑ましく見守っています。(文責:白井)

新学期から1ヶ月の様子

新学期がスタートして、1ヶ月が過ぎました。

1年生もだいぶ学校生活やアフタースクールに慣れてきたようです。

 

自由時間は折り紙に夢中の1年生。

みんなの様子をパチリ。

↓こちらはおやつの様子です。静かにおやつを食べます。

学校のある日は、こんな感じです。

先に帰ってきていた1年生のおやつが終わる頃、上の学年のお姉さんやお兄さんたちが帰ってきます。

 

 

最近は、1年生も宿題が出るようになり、帰ってきたら手洗いうがい、消毒を済ませた後、進んで宿題に取り掛かります。今は、宿題があることが嬉しいようで楽しそうに宿題もしています。(だんだんと宿題があることが当たり前になって、渋々するようになってしまいますが^^;)

学校での、「席替えをしたこと」「新しいお友達ができたこと」「テストがあったこと」などを教えてくれました。どれも1年生にとっては新鮮な出来事なのだろうな、と思うことでした。

 

他の学年の子供達も、下校後はおやつを食べたら宿題に取り掛かる、というリズムが出来ていてみんな素晴らしいです!

このように全学年揃う平日は、賑やかなアフタースクールですが‥。

 

土曜日は登所する児童が少ないのでちょっとのんびりしています。

その様子も少しお伝えしたいと思います。

土曜は、まず学習をします。その後、自由時間。

この日は、こども園園庭に遊びに行きました。

緑が多くて癒されるこども園園庭。

園児が遊んでいる中、アフターの子供達も中に入れてもらいました。

お庭でたけのこの赤ちゃんを見つけた男の子たち

いろんな学年で鬼ごっこをすると、下の学年の子は捕まえられなくてしょんぼり。

すると、上の学年の子たちが集まって、そばにいてくれたり。

その時々で、できることとできないことが出てきますが、子供達は状況に合わせてすぐ対応して外遊びを楽しんでいます。

これから、どんどん暑くなりますが体調管理をしながらたくさん遊んでいこうと思います。

(文責:上之園、白井)

 

 

 

 

夏野菜のカーテンと花の植え替え

5月、ゴールデンウィークもあっという間に終わり、日差しの強い暑い日が増えてきました。

今年はアフタースクールの玄関に夏野菜を植え、涼しい日陰をつくるグリーンカーテンにチャレンジ!

子供達とゴーヤの苗を植えました。

「グリーンカーテンってエコだよね!」

「どこに植えるの?」

子供達も興味津々です。

 

順番に苗を1つずつ植えていきました。

 

「みんな見てて、こうやって植えるんだよ」

 

「崩れないように優しく…」

「見て!綺麗に植えられたよ!」

 

余った時間は夏の花に植え替えるための準備として土作りもしました。

「何これ!砂糖かと思った。」

たまごの殻を肥料に使っていることに子供たちはびっくりした様子!

「僕は肥料と土を混ぜるね」「ここにも肥料入れていいですか?」

次から次へ、自分たちでやりたい!と率先して取り組んでいました。

 

野菜の収穫の前に、経験の大収穫です。

鉢を移動させると、ダンゴムシやミミズ、土を混ぜるとカブトムシの幼虫も発見して大興奮!!

子供達の背丈より大きく、涼を感じるグリーンカーテン、日差しをたっぷり浴びて綺麗に咲き誇る花々、なんだかいつもよりアフタースクールに来ることが楽しみな夏になりそうです。

(文責:山下)

桜の季節 別れと出会い

桜の季節になりましたね。アフタースクールも出会いと別れの季節です。

小学1年生から通っていたお友達が、小学校卒業。3月30日にアフタースクールを卒業しました。

最後の日は、みんなでごしょらん公園に遊びに行きました。

日差しも柔らかく、春らしい陽気で癒される時間でした。

そして、4月1日、新一年生が仲間入り!

R4年は12人のお友達が入りました。(この日の登所は9人)

自己紹介の後は、みんなで学習。

1テーブル4人まで。というルールなので、

好きなところに座っていいんです。

みんな集中して学習しています。

お昼ご飯の後は、自由時間。学年もいろいろ男女一緒にトランプしたり、

新一年生が集まってお絵かきしたり。

DVDを見ることもあります。(ビデオを選ぶのは、お当番さんの特権です。この日は、みんなが大好きな「トムとジェリー」)

机より前で見てはいけません😆

画面に向かって声を上げたり、楽しそうに見てます。

 

たまにケンカもありますが、その都度子供たち同士での話し合いの場を設けたり、子ども達が楽しく過ごせるように、保護者の皆様に安心して預けていただけるようにと考えております。何かありましたらお気軽に職員までご相談ください。

また今年度も、集団生活を送る上で各ご家庭にご理解・ご協力をいただく場面も出てくるかとは思いますが、どうぞよろしくお願い致します。

(文責;上之園)

1 / 1012345...10...最後 »